▼更新 -- 2018/07/12

■MEMOに【Sedepsert Ver.1】のページを追加


雑記

▼2018/7/31

顔グラ  2倍で表示するほうが好きだなぁ

ゲームに使うドットは数が多いので素早く描きたいと思う
色数が少ないと速く描けるような気もする…
自分は色を選ぶのが下手なのですが、少ないと色味の統一感も出しやすいのでそれも良いところだなと思います。
でも、ここは真っ赤で描きたいとか真っ青で描きたいとか、入ってない色で描写したいときには困るかも

自分が使いやすい色というのは感覚ではなんとなくわかるのですが、
パレットを作ろうとすると色のトーンがずれて上手くできないのが悩みです
効率よく描きたいなぁ


▼2018/7/12

遊んでいた絵その2
これらは色塗りに悩んで試行錯誤してた時期のなのですが個人的にがんばったので、
そのうちイラストとして別のページにでも置いておきたいです。
あと2キャラ描くつもりだったけれど気に入る構図が描けなかったので完成しなかった

新しいツールでゲームの基礎を作りつつ、
WOLFRPGエディターで作りかけの物の制作をして息抜きしつつがんばります
(本編を作りたい欲が湧いてしまったので)
数年前に書いたシナリオを読むと忘れていた設定がたくさんあって驚きます。


▼2018/6/23

ツイッターに投稿した、エフェクトつけるとソシャゲ風で楽しいな~と遊んでいた絵その1
最近は絵を描いていないので茶を濁すための落書きが品切れです

いよいよ買ってしまったのでもう後にも引けず、別のツールで新しくゲーム作りをしています。
まだキャラクター操作やマップとの衝突判定ができたというところなので、
もう少し形になったら詳しいことを書いていきたいです。

もうひとつ二次創作をしていた時の思い出として、
一週間のうちに3、4つ絵を仕上げていたので(自分としては多い方)
仕上げるまでの時間が少し速くなった気がします。(妥協のラインを定めるのが速くなったと言うか)

しかし数を描いても意識をしていなかったので絵自体の上達はしていなかったと思います。
腰回りの描き方が多少安定してきたのは、体の部位の形状に妙なこだわりを持ち始めた最近のことのような気がします


▼2018/6/11

新しく別のツールの体験版を触ったりしています。
まだ少し使った程度ですが、基盤から作る必要はないのでその苦労はなく、
それでいて細かく作れそうなので自分に合っているような気がします。

■ツイッターでの反応というのもについて
最近思い返して考える機会が多かったので。

今のアカウントを2年ほど放置していたのですが、
その間二次創作でアカウントを作って絵を描いたりしていました。
(描きたい気持ちが抑えられなくなってしまったので)

楽しく描きたいものを描いていたのですが、後になって”作品に対する反応”というものを考えてみると、
反応を頂けるかどうかは、頻繁にRTをしてくれる方と繋がっているかで変わるなぁと思いました。
ありがたいことに、絵の上手さというのは関係なく反応をして頂けるので、後はどれだけ人の目に触れる機会を増やすか、という部分が反応してくれる多さに関わってきます。
二次創作は共通の話題性があるので、互いに共感することが多いのも反応をしてもらえる理由ですね。

奇しくもそういう方とつながることがあったので、
見てくれる人が増えると交流も盛んになり、楽しく活動していました。
ただ、想像以上の反応になったりフォローが多くなると怖くなっていつもやめてしまいますが…

創作はあまり公開することがなかったので、反応があると嬉しいです。
ドット絵を描いた時には想像以上の反応があって驚きました。
見てくれる人が増えるには、継続していくことが大事だとは思いますが、
気負うと続かないので、できる範囲でやっていきたいです。


▼2018/5/29

PCの移行作業がひとまず完了して落ち着きました。
色塗りがわからなくなったので一色の絵ばかり描いています

■ゲーム制作について
いままでWOLFRPGエディターで制作をしていたのですが、素材の規格や自分が作りやすいもの、やりたい演出などのためにコモンを自作していました。
プログラミングをいちからやるよりは、はるかに簡単に気軽に作らせてくれるのですが、
自作することで使わなくなってしまった機能が増えたり、テキストベースで作りたいな
ということがあって、ツールに対して、自分自身がずれてしまったんだなぁと感じました。
なので、もう少し土台から自作できるツールがあれば触ってみたいと思うのですが、
プログラミングとなるとあまり向いていないので、どうしようか考えています。

いい加減サイト名をちゃんとしたい… タイトルとか名称などを決めるのがどうも苦手です


▼2018/5/11

新しいPCが届いたので移行作業でごたごたしています。
かなりの割合でフリーソフトに頼っていたので、対応してるかが心配

人物のデザイン的な構成バランスをあまり考えていないのと、
単純に自分が描きやすいものが限られているので、髪型やら服装が同作品内でよくかぶります

漫画を描くならもう少し気を使うだろうけれど、最近はゲームに使うために考えることがほとんどなので、
自分としては最終的に、色や身体的特徴などで区別化して、
どの人物か判断がつく程度のキャラチップを描ければそれでいいかなと考えています。

自分の好きな要素を詰め込んだ上でそうなるので、デザイン性の乏しさに悩むこともなく、
楽しくやることができています


▼2018/5/7

描いたものがおかしいはずなのに自分でおかしいと思えなくなったり、
おかしいけれど具体的にどこをどうしたら求めている形になるのかがわからなくなることが多いです。
(正しく描くことが目的ではなく、自分の思う理想の線に近づけたいだけです)

自分の画力の向上、というのは頭打ちだなと実感しているので、
素体を描いてて楽しい時期はそればっかり描いてますが、
練習という名目で絵を描くことはもう無いかな、と思っています。
ひたすら、自分が描いて好きだと思う曲線の描き方を探すことをやっています。


こういう一つページを作ってログを残すほどのものじゃないのはどうしようかな…